トピックス

第1回小松市陸上競技記録会

2017年度最初の競技会でした。
新たなユニフォームで本年度も記録に挑戦してまいりますので
応援よろしくお願いします。

なお、結果は「大会日程・結果」をご覧ください!

走りを変える

報告が遅くなってしましましたが、3月31日にファイテンの知野トレーナをユティックトレーニングセンターにお招きして
「足を使わない走り」の指導を受けました。

走るうえで中心が必要ということで まずは自分の体の中心を探しました。
まず中心が移動し、それに足がついていくという感覚です。

スタートの際の中心移動についても指導を受けました 効率の良いスタートでエネルギーを無駄に消費しない

次に、骨盤の回転を良くする。そうすることにより歩幅が広がり、ブレーキングが最小限ですむ。
そのための腸腰筋の強化!

骨盤ウォーキングで40m

肩甲骨を体の軸に対して回旋させるように腕を振る 肩甲骨周りの筋肉強化⇒肩甲骨ウォーキング
肩甲骨ウォーキングで40m

ストライドを広くすることを常に考えていて、そのヒントがここにあるようでした。
いろいろなことにチャレンジし、やり忘れたことがない状態でシーズンを迎えたい。

4月8日には第1戦がスタートします 応援していただいてる皆様をエキサイティングにするようなパフォーマンスを発揮できるべく、チーム一丸で頑張っていきます!!

陸上競技部 退部選手のお知らせ

日頃より ユティック陸上競技部に温かいご声援を頂き誠にありがとうございます。

当競技部で 100m・200m・4×100mRで活躍してくれてました 
吉田 開選手が3月をもって陸上競技部を退部いたしますのでご報告いたします。
なお、競技は継続のもようです。

シーズンinに向けて最後の合宿


シーズンに向けて、最後の合宿を3月21日~24日の日程で、愛知県にて開催しました。
福井より3度前後気温が高く、シーズンに向け良い練習が積めたようです。

田中選手は、ウェイトトレーニングをしっかりこなし走りに力強さが見えてきました。
寺井選手も昨年に比べ、ストライドの幅が広がり好記録が期待できそうです。
平野選手も練習環境が変わりましたが、ようやく良い動きができるようになったようです。
また、今春入社の仲島選手も卒業式を終え参加でした
シーズンまであと1ヶ月あまり、より実践的な練習となり「シンプルに考え 思いっきりやる」を実行してほしいと思います

今年はトレーニングセンターもでき、充実した練習が積めているようで、シーズンインが待ち遠しいです。
今シーズンの選手の活躍をお楽しみに!

冬季合宿

IMG_2178

IMG_2164

IMG_2184

IMG_2186
ユティック陸上競技部も冬季合宿に入りました。
昨年同様、琵琶湖にある人工砂浜での走り込み中心のトレーニングで 2泊3日を3クール予定してます。
合宿が終わると選手たちは、「もう白い砂は見たくない!」と、帰りの車の中で唸っているようです。

結果に繋がる大切な時期であり
そして、強くなった姿を競技場でお見せできるよう選手たちも真剣に取り組んでおります。

尚、村田選手・吉田選手も自身の練習計画を組み立て、独自の合宿を予定しております
今年一年 良い結果が報告できるよう選手全員、一生懸命取り組んでいきますので
ご声援よろしくお願いいたします。

新入部員の紹介

平野

日頃よりユティック陸上競技部に温かいご声援を頂き誠にありがとうございます。

新入部員の紹介です!

平野 直人
岐阜県関市出身 1992年10月2日生
国際武道大学卒業
100m 10秒66
200m 20秒84

本年1月より新たな戦力として加わりましたので 応援よろしくお願いいたします。

福井国体まで2年

日頃、ユティック陸上競技部を取り上げていただいてる日刊県民福井さんの9月29日の朝刊
「福井国体まで2年」の記事に協賛させていただきました。
dsc_1206-1
     それは 2年後のステージに続く

陸上競技部 退部選手のお知らせ

日頃より ユティック陸上競技部に温かいご声援を頂き誠にありがとうございます。

当競技部で 400mH・4×100mRで活躍してくれてました 
小林 貢選手が9月をもって陸上競技部を退部いたしますのでご報告いたします。

福井県議会一般質問で取り上げていただきました

9月20日の福井県議会一般質問で 中井れいこ 県議が「福井しあわせ元気国体」についての質問で
ユティックトレーニングセンターで子供たちの育成(スプリント教室)に力を入れていることについて
触れていただきました! 
とてもありがたいことであり、波紋になったらと思っております。
(中井議員の手元にあるフリップは室内走路でトレーニングしている子供たちの写真です)
fb_img_1474455803358-1

第15回福井県陸上競技記録会が終わり

img_0811
今大会は翌週に開催される全日本実業団陸上競技選手権大会の調整ということで、村田選手のみのエントリーでした。
レース1時間前の大雨で、この時期としては気温も低くあまりよいコンディションではない様子でしたが、実業団大会に向けまずまずの調整具合ではないのでしょうか。

話は変わりますが 先日、広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を飾りました カープがなぜ今年はこんなに強かったのか。
今年はチーム全体が一丸となって戦っていたのではと思います。
ある記事には、緒方監督が結果にこだわり、「なにがなんでも優勝する」と決意し
従来の指導スタイルを大きく変える試み また、どんな状態・状況であっても野球に懸ける生活スタイルを貫き通したとありました。
選手のプレーを見ていても必死に勝ちに行くという姿が印象をうけました。
「絶対、優勝する」強い決意力がカープを負けないチームに変え、試行錯誤と実践力につながったんだと感じました。
そして、その思いがチーム全体で共有できていたんだと思います。

陸上競技は個人競技ですが一人ひとりが記録に臨む想いは同じだと思います。
9月23日から開催される全日本実業団大会は私たち実業団チームにとっては意味深いものであり、選手によっては今年最後のビックレースになる選手もおり全員全力で臨みます、皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします!!